複合機の値段と設置する際の注意点

複合機の商品の中で最近注目を浴びているのは、ミスプリントを減らせるものや無線LANのアクセスポイントモードが搭載されたものやパソコンなどの端末からデータを簡単に接続できたり、出力できたり、するそうです。

また操作を効率よくサポートしてくれる機種も人気のようです。

企業が複合機を導入するにあたって購入するかリース契約を結ぶか、どちらを選ぶのか?

という問題の時によく減価償却という言葉を目にすると思います。

減価償却というのは、事業などに使われる建物やその付属設備、備品、装置などの資産は時間の経過と共に価値が下がっていく資産を各年分の必要経費を固定資産税から除くという手続きをいいます。

このような手続きと費用が、複合機をリースする場合はリース料金が毎月の経費として計上されるので不要となる仕組みがメリットとして紹介されています。

複合機を新品で購入する場合の平均値はカラーですと120~400万円、モノクロは70~300万円になります。

中古商品の場合はカラーですと5~35万円、モノクロですと5~25万円になります。

さて、いざ複合機を導入する運びとなりました!

が、複合機を設置するは様々な費用が発生します。

まず、業務用の機種というのは大概、大型で重さもあります。

確かに運搬するだけなら自社の従業員の手を借りれば済む話ですが、複合機の設置・システムの設定は複雑で専門の知識を要します。

なので、専門の業者に任せる事を私はお勧めします。

何故なら、専門の知識や技術を持たない素人が設置に手を出すと多くの場合、多大な時間と労力を消費してしまうからです。

最悪の場合、折角導入した複合機に重大な損傷を与え、使えなくなる可能性が出てくるからです。

確かに専門の業者にお願いすれば費用は発生しますが、安全に導入される事が保証されます。

また導入に係る諸々の費用の他にも、商品が設置される場所に辿り着くまでに通路や扉を通り抜けられるかも確認しておく事と設置してくれる業者と搬入にあたって話事前にしておく事も大切です。

予算が限られているなら、余計な手間と費用の発生は起業するにあたってはかなりの痛手ですからね。